スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑い茸 天狗の記

『笑い茸 天狗の記』とは
「社会人落語集団 落語天狗の会」を取材したルポルタージュです。


毎年四回催される天狗の会のホームグラウンド「ことほぎ寄席」が
第五十回の節目を迎え、メンバー18名が総出演しその節目を記念するということで
伺いました。


パンフレット表紙でございます。
すいません、見て見ぬふりをするのも何なんでつっこませていただきます。
「午後十三時」て何時?

DSCF3645_convert_20140630102127.jpg
やっぱり天狗の会は、舞台のしつらえが違いますわ。

a href="http://yonsyoutei.blog.fc2.com/img/DSCF3643_convert_20140630182028.jpg/" target="_blank">DSCF3643_convert_20140630182028.jpg
なんですのんこれ。こんな立派なめくり台、ホール落語でしか見たことおまへん。
たいがいT字型のやつですけど、このめくり台は安定感バツグンで屋根までついてます。

DSCF3644_convert_20140630102550.jpg
ご覧ください、この美しい直角を。
百貨店のベテラン店員さんが贈答用の品を包装したかのようなスキのない折り目。
毛氈を舞台に張ると角の折り込んだところがダブついて、なかなかこのフィット感は出せません。

DSCF3648_convert_20140630120120.jpg
表へ出てみると、玄関の左前方に何か置かれている、、、?

DSCF3647_convert_20140630102851.jpg
こんなところに金鳥の蚊取り線香があしらわれていて、、、日本の夏がやってきたんだねぇ。
もうすぐここ高津神社にも蝉しぐれが降りしきるのか、、、などと考えていると、

DSCF3655_convert_20140630103213.jpg
お客さんがやってきはじめて、

DSCF3652_convert_20140630120343.jpg
大入りを願う。

DSCF3657_convert_20140630120747.jpg
口上でございます。

DSCF3658_convert_20140630103558.jpg
千里家市松 大亭都若 隣乃玄張

顔を上げるといつになく神妙な面持ちの歴代会長。

現会長都若さんの口上冒頭は「この人、日本語忘れたんやろか?」と思うぐらいカミカミでした。
左に鎮座ましますのが誰あろう先の先の会長、つまり初代会長であらせられます市松さん。
初めてお会いしましたが、びっくりしました。
市松さんの声が、、、もんたよしのりがゼンソクをわずろうた、というような
超セクシー、、、いやハスキーボイス。
先の会長玄ちゃんの方に目をやると、、、おや?、、、夏用に薄い生地で袴を誂えたのかと
思いきや、、、袴を忘れて代用に風呂敷を巻きつけてきたという。

DSCF3662_convert_20140630121022.jpg
後ろから見るとこんな感じ。

DSCF3669_convert_20140630104242.jpg
千里家圓九 立の家猿之助 立の家談平
口上も終わって、いよいよ落語の始まりかと思いきや、またまた三人組が、、、。
四角い顔と丸い顔と、その二つを足して2で割ったような輪郭の顔。

DSCF3664_convert_20140630121227.jpg
三題噺のお題の発表でした。
お客さんに受付でお題を一つ書いて出してもらってその中から無作為に三つ選んで、
そのお題を織り込んで噺を即興で作って演じる。
しかし、お客さんの中には「三題噺」がどういうものか知らない人もいて
落語の演目を三つ書く人もいたとか、、、。
「らくごのご」でやっていたあれでございますな。

DSCF3668_convert_20140630104454.jpg
出番はインジャンで決める。出番は重要。同じネタを先に使われてしまう事もありますし。
三題噺は、第二部のトリ。それまでに噺をこさえてネタをくらなあきません。時間との勝負。

DSCF3670_convert_20140630121432.jpg
お茶子の若奈さん。いきなり子拍子を舞台から落としてお客さんに拾ってもらうという珍事が。

DSCF3674_convert_20140630104734.jpg
柱祭蝶 つる 

DSCF3678_convert_20140630130523.jpg
柱牛蝶 雑芸
練り上げられたフリップ芸をたずさえて、東京から来演。

DSCF3682_convert_20140630105055.jpg
華乃ひかる 米揚げ笊
おや、、、?この娘見たことある。あの名門関西学院大学の落研OG華乃ひかるですやん。
つまり私の後輩。大胆にも天狗の会に入ったのか、、、。
さぞかし腕を上げたのだろうと思いきや、、、。
「イワシがおかずになるかぁ~」などと意味不明な事を言いよりました。
ひかる、、、イワシはね、、、おかずになるんだよ。煮てよし焼いてよし、刺身でもいけます。
それとも、「イカキがおかずになるかぁ~」と言いたかったのかい?

このあたりからお客さんがどんどん入ってきて、私はぐんぐん前の方へ押し出され、
舞台から30cmぐらい。
演者から近すぎて写真を撮るのも難しい。
ひかるの落語をかぶりつきで見るとは思ってもおりませんでしたが、それよりも私は
次に控える玄ちゃんの唾液が飛んでこないかと危惧しておりました。

DSCF3684_convert_20140630130749.jpg
隣乃玄張 切符
五郎兵衛師の「桃割れ」以来の、落語中にマジで笑ってしまうという玄ちゃんの
真骨頂を見ることができました。

仲入り

DSCF3689_convert_20140630105318.jpg
仲入りでは、お茶とハッピーターンがふるまわれます。

仲入り

DSCF3692_convert_20140630105657.jpg
仲喜利
千里家市松 千里家やん愚 南通亭若奈
舞台にかぶりついていて舞台全体が撮れないので、写真を2枚に分けざるをえず、
 
DSCF3697_convert_20140630131219.jpg
華乃ひかる 隣乃玄張
この2枚をつなぎ合わせて全体像をご想像ください。
仲喜利のお遊びは、何も書いていない本をあたかも書いてあるように読んでみせる
「勧進帳ゲーム」。「天狗の会 苦闘の歴史」という本を読むのに生徒さんらが苦闘してました。

DSCF3699_convert_20140701043606.jpg
おや、お茶子がチェンジ。
出番が終ったひかる、お茶子でコピッと頑張ってくれよぉ~、という私の願いもむなしく、
またもややってくれました。
圓九さん、よくぞご指摘いただきました。座布団返しには法則があるんでございますな。
座布団は、その構造上、四角の三方に縫い目があって、一方だけ生地が切れていない。
その切れていない方をお客さんに向けるというのは「お客さんとの縁を切らない」という意味合いもあるんですよね。
それを我らがひかるは、すっとこどっこいな返し方をしたのでございます。

これでひかるは、天狗の会に入って間もないというのに
天狗の会のポンコツクイーンの座に上り詰めたのでございます。
つきましては、華乃ひかる 改メ 「華乃狸骨」 とさせていただきます。

DSCF3701_convert_20140630105947.jpg
千里家桜夢 あくびの稽古

DSCF3703_convert_20140630131600.jpg
追手家笑志 みかん屋

DSCF3706_convert_20140630110225.jpg
将軍亭猶朝 昭和任侠伝
よっ、長淵剛。

DSCF3707_convert_20140630131902.jpg
三題噺 立の家猿之助

DSCF3709_convert_20140630132126.jpg
三題噺 千里家圓九

DSCF3710_convert_20140630110457.jpg
三題噺 立の家談平

仲入り

DSCF3691_convert_20140701082333.jpg
仲入りでお客さんが席を立ってスケてますが、大入り満席。

仲入り

DSCF3717_convert_20140701033601.jpg
おや、、、またまたお茶子が代わりましたぞ。
聞くところによると、この娘さんは、阪大落研OGの綾紫家小枝杏(あやしや こしあん)さんで、
お茶子でお手伝いにきているとの事。はぅ らぶりぃ。

DSCF3714_convert_20140630132415.jpg
銀杏亭風鈴丸 手水廻し

DSCF3715_convert_20140630110653.jpg
三楽亭快楽 千早ふる
前々回のことほぎ寄席で快楽さんの瘤弁慶を拝見しましたが、
またえらい達者な人が天狗の会に入ってきはったもんやなぁ、と思ったもんです。
この人、落語だけでなく、歌舞伎の大向うから声をかける資格も有するそうで、
打ち上げでは、都若さんと歌舞伎のにわかやってはりました。

DSCF3718_convert_20140630110833.jpg
海都 奇術
海都さんて、何者?と思ってましたら、奇術をやるときはこの芸名で、
またの名を爪田家恵比庵さんというのでございます。
天狗の会で関大落大OBというと千里家の人しかいないのかと思ってましたが、
屋号は体を表す。爪田家の人は、やっぱり顔立ちが違いますわ。
しかも今年卒業のフレッシュマン。

DSCF3720_convert_20140630132732.jpg
「小枝杏ちゃんが海都さんが奇術でまき散らしていった紙吹雪を拾い集める」の図。
はぅ らぶりぃ。

DSCF3724_convert_20140630133029.jpg
南通亭若奈 応挙の幽霊

DSCF3726_convert_20140630111418.jpg
千里家一福 子ほめ
カメラに向かってVサインをしているのではありません。あと二席をアピール。

DSCF3727_convert_20140630133210.jpg
「小枝杏ちゃんが最後のめくりをめくる」の図。はぅ らぶりぃ。

DSCF3729_convert_20140630111654.jpg
大亭都若 網船
きた~!
ついに、とうとう、やっと、アットラースト、大取りがきた~。おわるぅ~。ありがとう~!

DSCF3732_convert_20140701173417.jpg
そして、終演。
落語11席、三題噺3席、雑芸、奇術、仲喜利。
17演目すべてを見尽くした自分の知力と体力に感動さえおぼえる。

DSCF3733_convert_20140630114401.jpg
落語の毒にあたって倒れるお客さんもなく

DSCF3737_convert_20140630133526.jpg
お見送り。

DSCF3740_convert_20140701113759.jpg
記念撮影
すいません、後方の方々、舞台用の照明がまともに当たってしまって、、、。
市松さんは”怪傑白仮面”みたいになってしまいました。

DSCF3745_convert_20140630115055.jpg
その後、「RTK50選抜選挙」の結果発表。
何ですのん「RTK50」て? R(落語) T(天狗の) K(会) 50(五十回)
アンケートで18名の天狗の会メンバーからあなたの「おしめん」一人を選んで投票し、
次回のセンターを決めるという画期的なシステム。
で、見事一位に輝きセンターを勝ち獲ったのは、、、、、SMさ~ん。
組織票がものをいったのか、、、?

DSCF3742_convert_20140630133751.jpg
「第五十回ことほぎ寄席」を祝して高津神社の宮司さんから清酒2本が贈られたとか。
が、その一本はすでにカラ。
出番を終えた演者が、ここぞとばかりに控え室で酒をあおっていたようでございます。
話によると、酒を飲む人があまりいない社会人落語の会もあるそうで、
中には打ち上げさえやらない会もあるとか。
私は、社会人落語の会というと天狗の会しか知りませんので、社会人落語家はみんな大酒呑みで
痛風を患っているものとばかり思っておりました。

それでは、その大酒呑み達と、打ち上げに行ってみよ~。

DSCF3748_convert_20140630133942.jpg
初代会長市松さんの超セクシー、いやハスキーボイスによる乾杯の音頭。

DSCF3751_convert_20140630115442.jpg
コアな天狗の会ファンも加わって総勢30名。

DSCF3753_convert_20140630134149.jpg
よぉ、よぉ、本日の秀逸、秀逸。
玄ちゃんの落語中にでてきた、、、これを何と称するのか?、、、歌?と踊りのパフォーマンス。
とりあえずここは、「オッパイがバーン。」のとこやと思います。

10時半に打ち上げは終了し、
終電まで呑まずには帰られない習性のある玄ちゃん、風鈴丸さんと私は軽く二次会へ。

そして、長い一日が終わった。

第五十回ことほぎ寄席
関西大・大阪大・龍谷大・立命館大・大阪市立大・関西学院大・大阪芸術大・追手門大、
関西を代表する8大学の落研OB・OGが集結しての五時間に及ぶ落語会。珠玉の本芸・余芸。
今、目を閉じるとよみがえる、お茶子の小枝杏ちゃんと玄ちゃんの「オッパイがバーン」。

笑い茸 天狗の記 「第五十回ことほぎ寄席の変」 おわり

四笑亭○丸は、これからもジャーナリスティックな視点から時代にマッチした
コンテンツを配信してまいります。

スポンサーサイト
ブログランキング
ブログランキングに参加しています! 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

カテゴリ
プロフィール

〇丸

Author:〇丸
関西学院大学甲山落語研究会OB

最新記事
お問い合わせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。