スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回高津の寄席 追想 1

kouzu no
筆:粋都家 南雀さん

本年よりブログを始めます。
初めてのブログは、昨年初めて主催した日本語の落語会「高津の寄席」を回想します。

時:平成24年12月2日(日)2時開演 於:高津神社 末広の間

「狸賽」笑人
「無筆の手紙」無敵亭大我
「持参金」四笑亭〇丸
「初音の鼓」東家静香
    ~仲入~
「蛇含草」華乃めろでぃ
「天神山」千里家圓九     お囃子協力:落語天狗の会

英語落語で交流のある笑人さん以外は未知のメンバー。
めろでぃも落研の後輩でありながら、この寄席に関する以外の話をしたことはほとんど無い。
そういう会をやりたかったのですが、それだけに私にとって、新鮮で強烈な体験となりました。

会場の設営をしていると、いつの間にか圓九さんとやん愚さんが舞台横の控え室に来ていました。
圓九さんとは、池田の社会人落語選手権の帰り際に、
「落語会に出てもらえませんか。トリでお願いします。」「分かりました。」というだけの会話を交わして以来、会うのは二度目。演目の事とかでメールのやり取りはありましたが、圓九さんのメールはめちゃくちゃ短くて、その内容は必要最小限からさらに削ぎ落とした体脂肪率2%ぐらいのもので、メールから人柄をうかがうこともできません。とにかく、この業界では名前が知れわたっていて、24年度も全日本社会人落語選手権大阪本選とお江戸日本橋全日本社会人落語選手権大会(落語選手権の名前はみな長い)の社会人落語選手権を東西ダブル奪取した方。近寄りがたい、”高飛ぃ”でへんちきな人かも、、、と恐れていたのでが、そうでなかった事が分かった時、今回の寄席の第一関門を通過したような気がしました。それぐらいびびっていたのです。
打ち上げでは、若い頃?は相当なピノキオでした、とご自分でおっしゃっていましたが、、、。

やん愚さんとは、面識はあったものの話をするほどではありませんでした。が、噂どおりのキャラクターでした。
その後、桜夢さんと一福さんが合流し、お囃子の段取りが始まりました。英語落語の会「おふく寄席」の代表・木村さんがお手伝いに来てくださっていましたが、木村さんも三味線を習っていて、やん愚さんと一福さんの三味線をかぶりつきで聴いていました。

それから静香さんが登場しました。静香さんとは全くの初対面。「はじめまして、宮下です。」という以外話すことも見つからず、すぐに着替えの部屋に案内しました。
そしてほどなく大我くん。彼は、京都から途中で落語のお稽古に行っての来演です。体調が振るわず出番が終ったら帰りたい、との事。着替えの部屋では横になっていたし、相当しんどかったに違いないのに、それを押しての好演。頭が下がります。

最後に来たのがめろでぃです。場所が分からないと電話があり富亭の方へ行くと、彼女とその後方に我が落研の大先輩、小紫蝶さんの姿が。社会人になっても落語を続けている関学落研OBの数は片手でも余る、ほど。その中にあって、小紫蝶さんは卒業以来落語を続けられていて、一昨年は東京の深川江戸資料館のホールでも落語会を催されました。めろでぃと私それぞれに贈り物と、後日この落語会についての貴重なコメントも頂戴いたしました。

演者が揃いました。大我くんが控え室に顔を出すと、やん愚さんが「大我、体調悪いそうやなぁ。大丈夫か?」とあまりにも気安く声をかけました。大我くんと面識、というかそれ以上のものがあるのか、、、?と思っていたら、静香さんやめろでぃとも親しげに話をし出しました。、、、どうやらこの人たちは”仲良し”らしい、、、。私は、社会人落語の横のつながりが皆無で、演者をはじめ今回下座担当の天狗の会の人々ともほとんど初顔合わせ。この人たちがどこでどうつながっているのか分からない。和気あいあいとする皆さんを尻目に、私が主催する会というのに、控え室は完全アウェーの雰囲気となっていました。

お客さんが会場に入り出してバタバタしていると、圓九さんが「一番太鼓打ちましょか?」と聞いてくれました。
カラカラカラカラ、、、、心地よい乾いた音色が響きました。

つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
ブログランキングに参加しています! 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

カテゴリ
プロフィール

〇丸

Author:〇丸
関西学院大学甲山落語研究会OB

最新記事
お問い合わせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。