スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月3日(日) なにわ歴博寄席 伊勢参り~東の旅~

reki1.jpg

西の旅は、喜六と清八が讃岐の金比羅さんにお参りします。
代表的な噺が「兵庫船」。
「明石名所」は私の先輩、和朗亭もろ太さんがやっていたという噂のあるネタですが、
和朗亭もろ太さんの落語は落研時代を通して「寝床」しか聞いたことがありません。
関学落語会で「和朗亭」を紹介する時、「和田アキ子も歌ってます、♪和朗亭許して~♪」と
歌うてはったのは、落研時代を通してもろ太さんの一番おもしろいギャグと記憶しております。

今回は、東の旅から、
私の生地“玉造”から暗峠に至る「発端」
大和(奈良県)の山中で狐にだまされる「七度狐」
中入り後は、復路に進み、近江の矢橋(滋賀県草津)から大津の間の琵琶湖を結ぶ「矢橋船」
そして、京都伏見から大阪の八軒家を運行する三十石船を描いた「三十石」

reki2.jpg
reki3.jpg

以前通りかかったときに撮った現在の八軒家跡の風景。大川沿いには八軒家の碑も。

圧巻は、笑福亭福笑さんの弟子、たまさんの「矢橋船」でした。

reki7.jpg
reki4.jpg

私の持っているレコード 上方落語大全集「東の旅」。
「矢橋船」は桂小米。枝雀さんです。
「三十石」は笑福亭松鶴。たまりまへんなぁ。

と思っていたら、ありゃ? レコードでは「矢走船」となってます。
どなたか、「矢橋船」と「矢走船」の表記の違いについてご存知の方、コメントお願いします。

〇丸






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

センスがいいですね

O丸さんのブログ。 見るたびに
おもしろくなっています。

見ごたえもあります。
写真の配置もうまい。
(お世辞ではありません)


ブログやFacebookは
あせらずに、気長にやるのが
いいと思います。
気がついたら、いつの間にか
一年が過ぎていた。
二年が過ぎていたと
・・・・・・
徐々にファンが増えてきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログランキング
ブログランキングに参加しています! 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

カテゴリ
プロフィール

〇丸

Author:〇丸
関西学院大学甲山落語研究会OB

最新記事
お問い合わせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。