スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂文太落語教室発表会~とんど祭

tomi 1
これからはアマチュア落語会にも足を運ぼうと思います。
本日は、高津神社・高津の富亭 桂文太落語発表会「今日だけは噺家気分 寝床の会」
桂文太師は、(前)三枝、きん枝、文珍、に次ぐ五代桂文枝師の4番目のお弟子さんです。

tomi 2
富亭の戸口右側に座ってはるのは、文太師と共に地域寄席の草分け「田辺寄席」を
1974年から運営されてる大久保さんです。

tomi 29  
tomi 39
生徒さん10席と文太師のお楽しみ。

tomi 3  
会場には「田辺寄席」の暖簾が。

tomi 4
満員御礼。お客さんは膝をつき合わせ80~90名は入っていたと思います。
「野崎まいり」をやった人は、出囃子も「野崎」。プロの三味線、文太師らのハメモノで「野崎まいり」ができるんですから、一生の思い出になる事と思います。
最後に登場した文太師のネタは「幾代餅」。久しぶりに文太師の名調子をお聞きしました。

tomi 13
この日は、高津宮とんど祭。

tomi 35
しめ縄や門松の正月飾りや古い御札を焚き上げる魔除の神事で、

tomi 36
境内は屋台やらアトラクションで賑わいます。
大道芸は何回か見たことはありますが、綱渡りは初めて。

tomi 19
雨の中での熱演。

tomi 20
この芸は仕掛けが大がかりで大変だ。

tomi 14
「とんど祭と日本一の屋台達」と銘打たれているだけあって、おフランス料理もあり、

tomi 38
絵馬堂も茶店ならぬ居酒屋と化し、

tomi 16
無料で振舞われた点心も美味しかったが、

tomi 33
私の一番のお目当ては「高津の富」だ。

tomi 28
tomi 1
ステッカーの下の番号を木片に貼り付け、上が自分の持ち札になります。

tomi 15
木札に念をこめて箱に投じます。

tomi 23
宮司さんの御払いがあり、

tomi 24
高津小学校のボンが長ぁ~いキリのようなもんで木札を突くのでございます。
横にいるのは司会の林家染左さん。

tomi 26
私のように一枚で一攫千金を狙う者もあれば、
この人のように何枚も買って確立を上げる人も。

tomi 25
本殿の前には自分の番号が呼ばれることを信じて疑わない人々々。
当たると中央の参道を颯爽と駆け抜けることができる。
今年は雨のため参拝者が少なく富くじの売れ行きは例年の半分とのアナウンスが。
当たる確立は2倍!と期待が高まる。

tomi 41
が、「当たらんもんじゃなぁ。」富くじが終ると人々々は潮が引くごとく。
「帰って一人でウドン食て寝よ。」

tomi 27
綱渡りのお姉さん。場所を下の公園に変えての奮闘。
雨が上がってよかったね。また来年会いましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
ブログランキングに参加しています! 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

カテゴリ
プロフィール

〇丸

Author:〇丸
関西学院大学甲山落語研究会OB

最新記事
お問い合わせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。