スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代櫻鴬亭小紫蝶

nishi 4

甲山落語研究会OB訪問 第一回 初代櫻鴬亭小紫蝶

なぜ夙川学院短期大学かというと、初代櫻鴬亭小紫蝶さんのお住まいが夙川学院短期大学の
すぐそばだからです。
閑静な住宅街。甲山も一望できます。

初代梅蝶さん、遊鶴さん、小紫蝶さんは中学から関学の同級生で、
小紫蝶さんは高校時代に遊鶴さんに初代桂春団治のレコードなどを借りて聞いていたそうです。
大学時代を通して、麻雀、パチンコ、競馬をたしなんでおられたそうですが、
3回生の時に遊鶴さんと共に〆八さん、梅蝶さんたちに合流して甲山落語研究会に。

好きな落語家は誰ですか?
「枝雀になる前の小米」と「桂吉朝」。
「枝雀になる前の小米」というのは小紫蝶さん世代の方からよく聞くフレーズです。
私が物心ついた時には、すでに圧倒的に「枝雀は枝雀」でしたので、「枝雀になる前の小米」を
知らずに育った世代です。
一方、吉朝さんは私が現役時代、落研界のスーパースターでした。

「「小紫蝶(こしちょう)」という芸名は、そうそう思いつかないカッコイイ名前ですが
誰がつけたんですか?」
「多分、〆八さんがつけたと思う。」となぜか同級の〆八さんを終始「さん」付けで呼んではりました。

落研時代を通して唯一舞台を踏んだのは学園祭で、やはり初代春団治で覚えた「無いもん買い」
をされたとの事。
当時はビデオもなく落語の仕草もよく分からずにやっていたそうですが、
その舞台はとにかくよく受けた事はよく覚えているそうです。
私も、初舞台の「つる」を老人ホームでやった時に全然受けなかった事はよく覚えています。
同じ舞台でされた”みの虫さん”の「悋気の独楽」が受けていたのもよく覚えていますが。

小紫蝶さんは、卒業以来落研には顔を出してないそうですが、
今でも寝る時には、米朝や枝雀のCDを聞いているそうです。
「米朝とか枝雀聞いてたらな、すぐに寝れんねん。」
なるほど、ミヤコ蝶々さんがこんな事を言うてはったとか。
「うまい落語はよう寝れる。へたな落語は寝かしよらん。」

大学入学の年、1970年は関学も校舎は学生に占拠され、入試も高校の校舎でされたとか。
就職の年、1974年はオイルショックの翌年で、高度経済成長の尻尾の先端ギリギリのところで
就職できた、と回想されます。

小紫蝶さんは、百貨店に就職され、一昨年の定年後は完全リタイアされてます。
で、今は一体何をされているのかというと、趣味の投網漁にいそしんではるのです。
「投網漁、、、?釣りが趣味の人は何ぼでもおりますけど、投網漁て、、、何ですか?」
胸まである長靴をはいて川に入っていって、川底に落ちてる鉄骨の折れたやっちゃら釘の曲がったやつやらを金網でさらう、のではなく、網を投げて魚を捕るのです。
会社の先輩に教えてもらって30歳ぐらいから初めて、以前は琵琶湖などで網を投げ、
捕った魚をその場で焼いたりして食べていたそうです。
「そんなん、勝手に捕っていいんですか?」
漁業権が決められている区域では禁止されてますが、そうでないところではOKです。
今は武庫川の中流域が小紫蝶さんの主たる漁場ですが、5月~11月頃が漁繁期で、
今は冷たくて水には入れません。
「捕った魚はやはり食べるんですか?」
小紫蝶さんは、もともと生物を観察するのがお好きで、漁をするうちに魚たちが愛おしくなり
今では食べる事はなく、「飼っている」のだそうです。

nishi 5

ご自宅の広い庭には大きな池があり、その横には現在ご自身で建設中の池もあります。

nishi 6

捕った魚を自宅の池に放ち、その魚を狙ってカワセミが飛来する事もあるとか。
その姿をリビングの窓から眺めるのが至福の時、とおっしゃいます。

以下は小紫蝶さんからいただいたメールです。 

今日はお疲れさまでした。
いい忘れたのですが、あの場所を「イーハトーブ甑岩」と名付けています。
宮沢賢治風に淡水魚、野鳥、とんぼの楽園を造りたいと思っています。
少し大袈裟ですが、私のこれからの目標です。
甑岩:「こしきいわ」と読みます。
初夏にお会いできれば幸いです。

リタイアされてもファンタジックな夢をもっておられる小紫蝶さんの川漁師姿と
建設中の池の進捗状況をを拝見しに初夏にまたお伺いできればと思います。

「OB訪問させて下さい。」と突然電話したにもかかわらず、こころよくお引き受けいただいた
小紫蝶さん、有難うございました。 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
ブログランキングに参加しています! 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

カテゴリ
プロフィール

〇丸

Author:〇丸
関西学院大学甲山落語研究会OB

最新記事
お問い合わせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。